一つの老化現象ですから、これは仕方がないことです。しかし、男性は高齢になっても仕事で、外に出かける機会が多いものです。人と会う機会が多いゆえに、歳を取ってもそれなりに外見をきにするものですね。男性にとり外見できにするところというと、体形もそうですが、やはり頭髪でしょう。薄毛やハゲはものすごく気になってしまうのです。それ故に、男性の多くが育毛剤を使用しています。しかし、ここで注意が必要です。
育毛剤と言っても、厳密にはいくつかの区分があるのです。自分が今使用しているものが、本当に自分に合っているものなのでしょうか。種類、効能を細かく見ていきましょう。
育毛剤・・・
すでに発毛している毛を確実なものにするもの。
発毛剤・・・
完全にはげている状態から毛が生えるようにするもの。
養毛剤・・・薄毛の予防として髪のケアをするもの。
育毛剤はみな同じ、と思っていい加減に選んでいてはいけません。
自分に必要なのは育毛剤なのか、何なのか。今一度確認してみましょう。
男性の薄毛と一口にいっても、それぞれ状態が違います。そして、その原因も異なっているのです。購入する前に、まずは、自分が必要なものが何か、しっかりと掌握して行くべきでしょう。そして、ひとつの育毛剤を選んだら、ひとまず
3か月以上使用してみましょう。直ぐに効果は現れません。効果がないと言って直ぐに他のものを使うのは止めましょう。3か月くらい使用した後で初めて効果を実感できるのです。いろいろな育毛剤を試しながら、自分に合った商品を見つけていきましょう。
半年くらい使用していて、効果が出なかった商品は止めて、次の育毛剤を試す。その繰り返しをしながら、自分一番に合ったものがわかるのです。